BigData-STATSとは

ビッグデータやAI技術を活用して開発した新しい経済指標を、試験的に公表し、広く意見を募るために「BigData-STATS」を開設しました。

ご挨拶

 本サイト、「BigData-STATS」は、「ビッグデータを活用した新指標開発事業」※において開発している新たな指標の一部を、試験的・部分的に公表し、広く意見を募るために開設したウェブサイトです。

 現下の経済情勢の変化速度は、グローバル化・IT化などによる経済主体の範囲拡大や意思決定・取引活動の迅速化等を通じて、急激に速まっています。また、実査から公表までに一定の期間が必要な現状の政府統計等の統計調査に加え、早期かつ精緻な景気動向を把握するためのビッグデータの活用も求められているところです。

 本サイトでは、 既存の政府統計と比べてより優れた速報性を有する新たな指標の一部を試験的に公表するとともに、各指標に対して対話型のコメントが投稿出来る機能を実装しています。

 より多くの方々から、ご意見、ご要望などをいただき、政府統計や経済指標について建設的な議論の端緒となることを期待しております。

「平成28年度 IoT推進のための新産業モデル創出基盤整備事業(ビッグデータを活用した新指標開発事業)」、並びに 「平成28年度2次補正 IoTを活用した新ビジネス創出推進事業(ビッグデータを活用した新指標開発事業)」 

ビッグデータを活用した経済指標の概要

 経済産業省では、政府において迅速で正確な景気判断・政策決定を、民間において迅速で的確な経営判断・意思決定を可能とすることを目的として、民間企業が保有するPOSデータや、サイバースペース上に蓄積されているブログやTwitterを始めとしたソーシャルネットワーキングサービス(SNS)等のビッグデータ、及び人工知能(AI)技術等を活用して、既存の政府統計の補完、拡充、詳細化を実現し、従来の統計よりも速報性・詳細性に優れた経済指標を試験公表します。

 今回、試験的に公表する指標は以下のとおりとなります。 

POS 家電量販店動向指標

 全国に約2,500店存在する家電大型専門店の売上情報をPOS(Point of Sales)データで収集、集計することにより、年間約4兆円に上る「家電量販店の販売動向」を日次で捉えることが可能となります。

 日々のデータを月次で集計することにより、「商業動態統計(経済産業省)」の「家電大型専門店販売」の動向をいち早く知ることができます。 


SNS × AI 景況感指数

 「景気ウォッチャー調査(内閣府)」、「中小企業景況調査(中小企業庁/中小企業基盤整備機構)」の調査結果を教師データとした「人工知能(AI)」によって、景況感に関するツイートを抽出し、センチメント(ポジティブ/ネガティブ)評価を行うことで算出される指数です。

 従来の統計調査手法では捉えることが難しかった、日次の景況感を効率的に推測することが可能となります。 


SNS × AI 鉱工業生産予測指数

  「SNS × AI 景況感指数」と同様の方法により、日々の仕事や景気に関する書き込みを抽出し、その件数と「製造工業生産予測指数(経済産業省)」、株価、為替等の「オープンデータ」を組み合わせ、機械学習の手法を用いることで、「鉱工業生産指数(経済産業省)」を予測する指数です。

「鉱工業生産指数」の動向をいち早く捉えることが可能になります。
※当面の間、上3指標は、週次公表となります。 

各指標について

公開スケジュール

一次公開:平成29年7月19日(木曜日)~10月31日(火曜日)
     (7月27日以降毎週木曜日更新予定)
     一次公開でいただいた意見等を参考に、二次公開を予定しています。
二次公開:平成30年1月8日(月曜日)~2月28日(水曜日)

ビッグデータ新指標開発参画事業者

通常ログイン(上)と
他サービス連携によるログイン(右)が可能です。